スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堆肥作り

前回の投稿の後、3本目のゴミ容器を買って堆肥作りを始めていました。
そして、早くも今日またしてもいっぱいになりました。
ミカンの皮とか芋の皮とかが出ましたので、早かったです。

また、以前もらってきた堆肥もなくなりました。
1本目の堆肥を衣装ケースに移して、4本目を始めようかと考えています。
1本目の堆肥の生ゴミはほとんど原形が見えません。
小さな芋が2,3個残ってますけど。
これは何の変化もありませんけど、芋の皮は全く見えません。
生ゴミに混ぜる堆肥として、十分活用できると考えています。

スポンサーサイト

芋の皮

芋の皮はすっかり乾燥して、飼育ケース大に入るようになりました。
で、堆肥作りの容器に入れたんですが、結構量が多くて容器がいっぱいになりました。
これも熟成に移ります。

また、熟成中の容器もかき混ぜてみましたが、底の方まではとうていできません。
新しい容器を買って、移してかき混ぜようかと思案中です。
新しい堆肥作りもできるのでいいと思うのですが。

堆肥作りは熟成に

堆肥作りは、容器にかなり入り、重くて移動しずらくなったので、放置していました。
先日、覗いてみると、表面の生ものに白カビが生えていましたので、切り返しを行いました。
その後、菌糸屑を入れる容器が開いていたので、移し替えてかき混ぜました。
このまま、熟成に入ることにしましたが、芋はほとんど変化がありませんでした。

現在は、また新たに堆肥作りを始めましたが、今回は芋は乾燥させてから入れるようにしました。
ミカンの皮は即投入しましたが、芋も皮は現在乾燥中です。
乾燥する=細胞が死ぬ=腐敗しやすくなると思っているんですが・・・・

堆肥作り

私の以前のブログは腐植土・堆肥作りも記録していましたが、オオクワ飼育を始めてからは、堆肥作りは止めてしまいました。

家を壊した後を畑にするつもりで、落ち葉を埋めていましたが、土に埋めた物はあまり腐植しないような感じを受けます。
以前、クヌギの木を腐らせるために4カ所で実験して、土に埋めたクヌギはほとんど変化がなかったからです。
で、また堆肥作りを始めてみようかと。

この前もらってきた腐植土を使って、今日から始めました。
今、母が東山を作っています。
その時出る芋の皮を腐植させようと思っています。
以前の堆肥作りでは、芋はすぐには腐植しませんでした。
で、今回は大きなゴミバケツを買ってきて、長期で見てみようかと思っています。

底に腐植土を入れて、その上に芋の皮を入れ、さらにまた腐植土を入れて覆いました。
本当は、かき混ぜた方がいいのですが。

・・・・・・・後でかき混ぜようっと。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。