スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトムシ餌換え

昨日、カブトムシの餌を交換して、50匹を里子?に出しました。
衣装ケースの中は、餌が半分くらいになっていて、それもほとんど糞でした。
新しいケースにクワガタ幼虫の食い残しを入れて、30匹ほど大きそうな幼虫を入れました。
残りはまた容器に戻し、廃材処理業者の工場内の腐食土の山に放しました。
秋に家を壊してくれた業者さんに、腐食土の山にカブトムシの幼虫がたくさんいるという話を聞かされて、その気になりました。
あの腐食土の山は、餌にはもってこいでしょう。

ついでに、容器一杯の腐食土を頂いてきました。
庭の畑にするつもりの家を壊した空き地に埋めるつもりです。

これで、この夏とれた160匹あまりのカブトの幼虫は、30匹まで減りました。
80匹は知人に里子にだし、今回50匹を放虫しました。
放虫と言っても、地元産のカブトだから問題はありません。
スポンサーサイト

瓶換えn

今日は数本まとめて瓶換えする予定でした。
思ったほど食っていないので、2本だけしました。
23.5g→24.5g 23.5g→22.1g 
相変わらず、さえません。

菌床の効果が全然見えません。

3本目瓶交換

11月12日に3本換えました。
24.0g→22.1g 25.3g→23.5g 22.9g→24.0g
なんと言ったらいいのか、昨年の結果と比較すると「うそ」と言いたくなります。
菌床の効果がさっぱりのような。
「質が変わったの??」と思いますね。
以前の菌床のような??

成虫の餌換えもしましたが、餌をほとんど食べなくなっています。
取りだした餌を数えると11個でした。
開けて、確認して、また閉じるという動作が続きました。

餌交換

今日は、床下の成虫の餌換えをしました。
餌台を出して、鉋屑を容器一杯に詰めて、餌を2個入れました。

配布した後帰ってきた個体の1匹の大顎の片方が、根本から折れていました。
初めての経験です。
体液が出て死ぬのではと思ってました。
元気とは言えませんが、生きてはいます。
何故折れたのか?
餌交換の容器の出し入れで落下させた等で、餌台が大顎に当たったのではと思ってます。

9月の床下温度は、月初26.9度、月末25.3度、最高26.9度、最低23.6度でした。
もうそろそろ、温冷室に移動させなければと思ってます。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。