スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菌糸瓶

ようやく、うっすらですけど、菌糸が成長している様子です。
蓋を開けてみると、表面には綿毛が出ています。
側面も白くなりつつあります。
青カビは出てないようです。
L150の温度も23度を下回っています。

一応、安心かな。

今日は暖かくて、室温13.0度、床下13.7度です。
スポンサーサイト

L150の温度が29度に

22日の夜には、L150の温度が29度にも上昇していました。

設定温度を24度まで落として、L150の温度を下げようとしていましたが、この高温状態は昨夜まで続きました。昨夜8時頃やはり29度くらいでしたので、設定温度を20度にしました。また、戸を開けて冷たい空気を入れて、放置しました。12時には25度まで下がったので戸を閉めて、今24日朝5時現在も25度くらいです。

何か久しぶりで、冬だという気持ちがこの高温状態を招いたと思います。やはり、納屋の雌瓶をL150に移動して、詰め詰めした瓶を納屋の温冷室に入れるべきでした。なんか、久しぶりに青カビが出るかも知れません。

今、寝室の温度は11.8度、床下温度14.0度、MB111Cの温度22.1度です。

やっと瓶詰め

長く気にしていた瓶詰めをやっとしました。菌床6ブロックで、2300PPを3本、1500ボトルを10本で、残りは1300瓶に8割くらい入りました。問題は、お部屋のL150の温度です。最高19.7度、最低18.6度くらいになっています。サーモの設定温度を上げても温度が上がらないです。今28度にしてるんですけど、すぐ加温が止まってしまって。

今日午前3時頃、やっと産卵木の注文をしました。細を頼みましたが、19本ほど入っているそうです。2本ずつ使っても9ペア分ありますから、十分だと思います。

瓶替えも最近はしていません。お正月にはできるかなと思ってます。今年の幼虫は成長が悪いせいか、菌糸も余り食っていないような。2本目が1400PPだったからでしょう。

腐葉土、腐植土、堆肥作り、なんと言っていいのか、やってますが、実はほとんど腐植していません。芋の皮を入れた後、大根、ミカンの皮、落ち葉などどんどん追加していますが、全部残っている気がします。
 

堆肥作り

私の以前のブログは腐植土・堆肥作りも記録していましたが、オオクワ飼育を始めてからは、堆肥作りは止めてしまいました。

家を壊した後を畑にするつもりで、落ち葉を埋めていましたが、土に埋めた物はあまり腐植しないような感じを受けます。
以前、クヌギの木を腐らせるために4カ所で実験して、土に埋めたクヌギはほとんど変化がなかったからです。
で、また堆肥作りを始めてみようかと。

この前もらってきた腐植土を使って、今日から始めました。
今、母が東山を作っています。
その時出る芋の皮を腐植させようと思っています。
以前の堆肥作りでは、芋はすぐには腐植しませんでした。
で、今回は大きなゴミバケツを買ってきて、長期で見てみようかと思っています。

底に腐植土を入れて、その上に芋の皮を入れ、さらにまた腐植土を入れて覆いました。
本当は、かき混ぜた方がいいのですが。

・・・・・・・後でかき混ぜようっと。



3本瓶換え

久しぶりに、3本交換しました。
21.6g→25.2g 22.4g→25.2g 11.7g→14.1g
まあ、体重が増えているので良しということで。

雌は700瓶で暴れている感じでしたが、体重増だから良かったです。

もうそろそろ、瓶の準備しなければならないんですがね。

カブトムシ餌換え

昨日、カブトムシの餌を交換して、50匹を里子?に出しました。
衣装ケースの中は、餌が半分くらいになっていて、それもほとんど糞でした。
新しいケースにクワガタ幼虫の食い残しを入れて、30匹ほど大きそうな幼虫を入れました。
残りはまた容器に戻し、廃材処理業者の工場内の腐食土の山に放しました。
秋に家を壊してくれた業者さんに、腐食土の山にカブトムシの幼虫がたくさんいるという話を聞かされて、その気になりました。
あの腐食土の山は、餌にはもってこいでしょう。

ついでに、容器一杯の腐食土を頂いてきました。
庭の畑にするつもりの家を壊した空き地に埋めるつもりです。

これで、この夏とれた160匹あまりのカブトの幼虫は、30匹まで減りました。
80匹は知人に里子にだし、今回50匹を放虫しました。
放虫と言っても、地元産のカブトだから問題はありません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。