スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘り出し

土曜日は、掘り出し済みの成虫の餌確認をして、食べ始めてるのを飼育容器に移しました。
雌の50mm超えがまた出て、79.8mmと一緒に繁殖用を入れている衣装ケースに移動しました。
16gの雌が51.9mmで羽化してました。

今年は体重が軽い幼虫ばかりだったので期待していなかったが、まあそれなりに出てるかなという感じがします。
51mm超える雌が普通に出てきているという感じですね。
まだ、雄の最大は79.8mmですけどね。


カブトの飼育容器をぶちまけて幼虫を確認した。
雌が2,3匹入っていたが、蛹の幼虫はいなかった。
すごいのは、星になった蛹がいなかったことです。
昨年は何匹もいたのに。
また、白い卵がいくつも確認できました。

マットを元に戻して、雄2匹と雌をすべて入れました。
7月末まで産卵させて、順次取り出して放虫します。
雄も衣装ケースで飼育中ですが、餌が多く必要で。
7月末には、オオクワガタと一緒に幼稚園でビンゴの賞品として配布します。
残りは雌と同様に放虫ですね。




スポンサーサイト

掘り出し

今日は、1個を覗いて、全部確認しました。

★を5匹追加で、幼虫やってるのは4匹でした。

1匹は蛹化しそうに見えたので、3匹は新しい瓶に移しました。

2600の幼虫していた大物は蛹化し、蛹だったものは孵化していました。

残りの2600は、まったく外部から食痕が見えず、放置しました。ただ、餌は入れておきました。

居食いで大物が出たら好いのですが。

予想は「すでに★になっている」ですけど、居食いしていても大したこはないというのが正解のような。



再チェック2回目

今日は、AKo80.8×52.6とGGの再チェックをしました。

GGから2匹追加です。うち、1匹は卵が羽化したものです。
ako808526系では全く何もありません。

また、2度目の産卵セット中の52.6mmは産卵木の周りを掘っていますが・・
生んでいないでしょうね。
3週間になるので取り出して、80.6mmと掛けます。

また、掘り出し済の成虫を餌替えして、完食しているぶんは飼育容器に入れました。
特筆すべきは、雌51,6mm、雄79.8mmがいたことですか。
雌は14gからですから、ちょっといいぞと思います。
雄は、29gからですから、これも遺伝的にいいかもしれません。
正確に測れば80mm行くかもしれませんので、再計測が楽しみです。


再チェック

2週間前に割り出したセットの再チェックをしました。

結果は、AKOYM8065012セットが、幼虫2匹、NOseYGC784912セットが3匹追加になりました。
卵は、一切孵化していませんでした。

また、幼虫掘り出しをちょっとしましたが、☆3匹追加でした。



割り出しと掘り出し

先日、雄も掘り出しをしました。
幼虫やってるのが6匹くらいになりました。
27gクラスの幼虫はさなぎの状態でした。

今日割り出ししました。
GGは16匹と卵3個でした。
期待の80.8×52.6は一切幼虫いませんでした。
状態は掘りまくってるし、絶対産卵してるという感じでしたが。
で、今日80.8㎜☆になっていました。
一応、産卵セットに入れましたが・・・

800㎜の瓶がほとんど残りました。どうしようか。

来年のために80.6㎜と8月にはかけておきます。

しかし、残念です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。