スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついてない

先日、夕方5時過ぎに80歳の母が腹痛で苦しみ始めました。
私たち家族は気が付かなかったのですが、6時頃、親戚の人が母を訪ねて来て、気が付きました。

我が家は町内の県立病院から1km位しか離れていないので、救急車には縁がありませんでした。
しかし、今回は腹痛が激しいので、救急車を頼みました。

町内の県立病院でCTを撮ってもらうと、腸が裂けて空気が腹腔に出ていることが分かりました。
腹膜炎もおこしていると。

この病院では、外科の医師がいないので、手術できないと。
ええ、ついてなーー。
いついなくなったの??
2年前に、私が手術受けたのに。

連絡を取ってもらって、隣の市立病院で手術を受けることになりました。
救急車で30分かけて搬送。
しかし、着いたら、別の急患が入っていて、現在手術中と。
ええ、ついてなー。

急遽、県都の県立病院へいくことに。
高速使えば1時間で着くので、まあいいかと。
ところが、途中で高速が通行止め。
ええ、ついてなー。

国道を通って更に1時間かけて、10時半にやっと到着。
ここでも、他の患者の手術があって、手術室に入ったのは翌日の0時半。
手術開始は1時半、予定時間は3時間で、早朝4時半に完了予定。

内臓に穴が開いていて、腸内物質が腹腔に出ている。
こんなについてないことばかりで、痛み出してから手術開始まで8時間半経過。
これは余程悪いことになるぞと覚悟していました。

ところが、3時5分に医者が来て、済みましたと。
腹腔内は汚れがほとんどなくて、腸にも穴は見つからずと。


CTでの空気の漏れは??
腹痛の原因は??
一体なんだったの??
何も分からず、疑問ばかりが残りました。

でも、本当に良かったです。
ありがとうございました。
神様に感謝です。

救急車は速度出しますので、すごい揺れです。
乗っていたら吐き気がします。
患者の身になって、スピード出しても揺れの少ない車を開発したらどうでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。