スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓶換え

昨日、1本だけ交換した。
12.6gの雌だった。

何か、今年は雌ばかりと言う感じ。

瓶交換

今日は、1400瓶が7本残っているので、食痕の大きい7本を換えるつもりでした。
でも、7月26日投入の瓶は止めて、6本交換しました。
1本は、★になっていました。
11.0g、12.2g、13.4g、13.7g、14.1gでした。

久留米の4本目を交換しましたが、13.4gでした。
これで、久留米は雄3匹、雌1匹ということになりました。
何とか無事羽化までいっては欲しいです。

これで、残りは7月26日投入のものだけになりました。
雌は体重がかなり安定して、平均も大きいと思います。
雄は、最高が27.2gで、ちょっと残念な結果でした。

午後からは、瓶詰めをしました。
ブロック4個で8本以上ですから、1500ppも詰めました。
1300瓶を7本、1400cpを4本、1500ppを2本詰めました。
平均3.3本ですよね。
床下温度も23℃前後なので、床下に起きました。
丁度いい温度だと思います。

さて、3本目の菌糸を注文しなければなりません。
雄が25本で、1500、2300が中心になるので、ブロック1個で瓶は2.5本と計算して、
25/2.5=10個

まあ、見込み違いでも、10個注文しておけば十分でしょう。
700瓶の雌の交換も考えておきたいし。






餌換え

今日は、餌換えと瓶交換を5本しました。

餌換えは、何かよく食べてるなと思いました。
餌は基本1個にしました。
大鋸屑の中に埋もれているので、探すのが大変だからです。

瓶換えは、akoS755111系が4本で、13.7g、14.3g、14.4g、23.3gでした。
akoK795211系が、18.6gでした。
1300と1400に入れています。
すべて、納屋の温冷室に入れました。

まだ、菌糸瓶詰めていません。
もうそろそろ詰めないと、瓶が足りなくなりますね。

瓶換え

瓶の移動をしました。
未交換の瓶と雌瓶を納屋の温冷室に、雄瓶をワインセラーに入れた。
雄は25本?

移動するとき、もう交換してもよさそうなびんを、交換した。
23.4g、13.4g、10.8g でした。
すべて1400瓶です。

瓶換え

今日は10本換えました。

最初に、久留米を3本換えて、23.4g、27.0g、27.2gでした。
2本は2300クリアボトルに入れました。
2300は試しに詰めていたけれど、25g以上が出なくて心配していました。
出て、良かったです。
27gは今期最大です。


次に、akoS7551系統を3本換えて、12.5g、15.3g、21.3gでした。
この雄は、7/26に割り出したものです。
食痕だけで、瓶換えしてますから。

次は、akoS795011K07で、12.5gでした。

最後は、akoK7951系統を3本換えて、12.6g、13.3g、14.7gでした。

20g以上の4本は寝室のワインセラーMB111Cに入れました。

700瓶は使い切りました。
食痕の出ていない2本も使いました。
次からは、たとえ10gでも1300とか1400とかになります。

今期は、極端な発育不良個体がいません。
最低は10g台で、4本です。
昨年に比べると、死亡率は少ないし、発育不良個体はいないしとGoodですね。
考えられる原因は、2つです。
一つは、菌糸瓶に投入時、穴をきちんと掘り、昨年の食痕を少量投入したことです。
さらに、今年はin-line交配をしていません。
in-lineが無いからでしょうね。

残りは、24本(のはず)です。

床下温度は、最高25.3度でした。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。